ドクターコーヒー妊娠中や授乳中は飲んでも大丈夫?副作用はある?

ドクターコーヒー 副作用はある? 妊娠中や授乳中は 飲んでも大丈夫? Dr.Coffee

ドクターコーヒーに副作用はある?妊娠中や授乳中は飲んでも大丈夫?

タレントの重盛さとみさんがイメージキャラクターでも有名なドクターコーヒー。

Dr.Coffeeドクターコーヒーは口コミも評判が良いので試してみたくなる方も多いと思います。

毎日おいしく飲めて痩せられるなんていう夢のような商品ですが、毎日飲み続けても副作用などは平気なのでしょうか?

妊娠されている方や、授乳中のお母さんは、ノンカフェインの飲み物を好まれる方も多いと思いますし、心配になってしまいますよね。

そこで今回も徹底的に調べてみました!!

これを読めば心のモヤモヤもスッキリ解消です!!!

今回は、ドクターコーヒーに副作用はある?妊娠中や授乳中は飲んでも大丈夫?について調べてみました。

 

公式サイトはこちら

ドクターコーヒー(Dr.Coffee)に副作用はある?

ドクターコーヒーに副作用はある?妊娠中や授乳中は飲んでも大丈夫?

毎日飲み続けるコーヒーであるからこそ、副作用なんてあった日には怖くてもう飲めなくなってしまいまよね。

しかし心配はご無用です!!!

ドクターコーヒーは医薬品ではないので安心して飲むことが出来ます

なので1日に何杯までなど、飲む量に制限はありません。

ドクターコーヒーは飲み方のアレンジも豊富なので、お好みやシーンに合わせて飲み方を変えてみるのもアリです♪

Dr.Coffeeドクターコーヒーの飲み方はコチラ>>

とはいえ、原材料は何が入っているのでしょうか?!

それにカフェインの摂り過ぎは体に良くないので、カフェインがどれくらい含まれているかも気になるところ。

そちらも調べてみました。

 

原材料は?

それではドクターコーヒーに含まれる成分を見て行きましょう!

シクロデキストリン

血糖値の上昇抑制作用があります。
そして便を柔らかくしたり、腸内の善玉菌を増やしたりする働きをもつ水溶性食物繊維と、便のカサを増やし腸のぜん動運動を促す不溶性食物繊維の働きが1つになった、とっても優秀な成分です。

有胞子乳酸菌

腸まで行き届くように、胃酸や熱、乾燥に強く生き抜く力が強い乳酸菌です。

短鎖脂肪酸

短鎖脂肪酸は、腸内を適度な酸性に保ち善玉菌を応援すると共に、悪玉菌をやっつけることが可能です。
悪玉菌を抑える「殺菌・鎮静」作用があり、ウイルスや病原菌から体を守る、腸管バリア機能をアップさせてくれます!

 

ダイエットに効果のある成分は?

次に成分の中でもダイエットに効果のある成分を見てきます!

カルニチン

L-カルニチンはアミノ酸のレジンとメチオニンから生成される成分で昆虫の成長因子として発見されたアミノ酸の一種です。
食事をエネルギーに変える重要な役割を担う成分で、年齢とともに体内で生成される量は減ってきてしまいます。
これを摂取することにより、不必要な脂肪をメラメラ燃やしてくれ、太りにくい体を作ってくれるのです!

MCTオイル(中鎖脂肪酸)

消化・吸収性に優れ、医療現場でも長年使われていたMCTオイル。
このオイルにはエネルギーとしてすばやく利用される性質があり、体重や胴囲の減少に効果があると言われているオイルです。
ココナッツオイルに比べて満腹感が維持できたという報告もあり、一石二鳥の役割を果たしてくれます。

このように、ドクターコーヒーには考えつくされた成分がたくさん含まれているので、飲むだけで体内環境も良好にしてくれます。

 

 

カフェインはどれくらい含まれている?

インスタントコーヒーでは、粉末100gにつき役4gのカフェインが含まれていると言われています。

粉末2gにつき熱湯140mlで100mlあたりカフェインは57㎎となります。

ドクターコーヒーは2.4gにつき100mlの水がお湯で溶かして飲むのがベーシックな飲み方なので、おおよそ50~60㎎くらいのカフェインが含まれていることになると思います。

 

カロリーはどれくらい?

では、気になるカロリーはどのくらいなのでしょうか?

★コーヒー・・・9㎉
★カフェラテ・・・11㎉
★キャラメルラテ・・・11㎉

どれもとても低カロリーで作られているので、気にせず飲むことが出来ますね!

 

今すぐ試してみる

ドクターコーヒー(Dr.Coffee)は妊娠中・授乳中は飲んでも大丈夫?

ドクターコーヒーに副作用はある?妊娠中や授乳中は飲んでも大丈夫?

ドクターコーヒーは残念ながら、今のところカフェインレス商品は販売されていません。

妊娠中や授乳中はカフェインの摂取を控えるように注意されることも多いと思います。

厚生労働省では、妊娠した女性に対して一日当たりのカフェイン摂取量を200 mg(コーヒーをマグカップで2杯程度)、に制限するよう求めています。

かかりつけ医に相談しながらの飲用をオススメします!

 

今すぐ申し込む

まとめ

今回は、ドクターコーヒーの気になる成分等に着目してみました!!

体に優しく、そして体内の環境をより良くしてくれる成分で作られていることが分かったので、これからも安心して続けられますね!!

そして、まだの方は安心して注文してみて良いかと思います。

今回は、ドクターコーヒーに副作用はある?妊娠中や授乳中は飲んでも大丈夫?について調べてみました。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました